スポンサーリンク

ブラッディマリーのシルバーアクセの珍品をヤフオクなどで見つけると、記憶にとどめたくなるので記事にしています。

本日ご紹介するのは、2014年のクリスマス限定品

 

クリスマス限定というだけで充分レアなのですが、自分の記憶にあるかぎり、最近はほとんど見かけません。

ブラッディマリーのセタリング です。

 

セタリング Setah Ring ヤフオク情報

※ https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b298396048(上の画像3枚とも)

 

2018.02.28 05:00 時点の情報です。

  • ブラッディマリー 2014 クリスマス 限定 ゴールドクロー K18 使用 セタリング 定価60480円 シルバー 925 SV
  • 開始:2018.02.25(日)14:47
  • 終了:2018.02.28(水)21:47
  • 入札:0件
  • 現在価格:49,800円(税込)
  • 中古品

 

 

セタリング 商品情報

セタリングは、2014年のクリスマス限定商品として販売された商品です。

そうそう、セタは「Setah」と書きます。

 

2014年のクリスマス限定アイテムは、「MEDIUMミーディアム)」というシリーズ名でリリースされました。

読み方ですが、当時の資料をたどれば、「ミディアム」ではなく「ミーディアム」と書かれてます。

 


※ https://ameblo.jp/bloody-mary-official/entry-11950966945.html

 


※http://bctw.pixnet.net/blog/post/190478724

 

ちなみにMEDIUMのクリスマス限定リングは「セタ」で、クリスマス限定ペンダントは「クアナ」です。


※ https://ameblo.jp/bloody-mary-official/entry-11966584482.html

 

当時の画像がありましたので、掲載しておきますね。

 


※ https://store.shopping.yahoo.co.jp/beyondcool/medium.html(上の2枚)

 

 

セタリングのシルバーアクセサリー情報

セタリングは、今回ご紹介している「K18が牙に使用されているタイプ」のほかに、シルバーのみのセタリングもありました。

スポンサーリンク


※https://global.rakuten.com/en/store/e-rin/item/bmr1297/(上の5枚)

 

そんなわたしは、上の画像のようなシルバーのみのセタリングを一時期持っていたのですが、現在は手放しています、

うーん、写真撮影しておけばよかった。

 

記憶にある個人的な印象ですが、とにかくごついです。

 

もともとブラッディマリーのアクセサリの存在感そのものが半端ないですが、セタはそれを超えるかなり強烈な印象を受けました。

一言で言うなら…丸くてぶっとい!といいましょうか。

好き嫌いのあるデザインかもしれません。

 

いぶしのコントラストが明確に出ているので、そこはかなり魅力的でした。

使っていくうちに、少しずついぶしが落ちていく、その風合いが楽しめるリングかなと。

 

ただニットの糸が、牙にひっかかりそうですよね(笑)

 

あと、ペンダントのほうにも言及します。

クアナのデザインは、ぱっと見ると女性が好きそうな形なのですが。

 


※ https://ameblo.jp/bloody-mary-official/entry-11966584482.html

 


※ http://bctw.pixnet.net/blog/post/190478724

 

上のほうの写真、手の大きさでおわかりいただけるかと思いますが、けっこうクアナもでかいです!

さすがのブラッディマリー。

 

可憐なデザインのように見えて存在感が半端ない(笑)

 

クアナとセタと比較すると、かなり異なるコンセプトのように見えますね。

同時期に発売されたアクセサリーとは思えないかも!


※ http://bctw.pixnet.net/blog/post/190478724

 

でも、MEDIUMという同じシリーズなんです♪

サブタイトル「The light and The dark」、つまり「光と闇」を表現しているんですね。

 

 

まとめ

ということで、本日は「2014年クリスマス限定 ブラッディマリー セタリング」の情報を記事にさせていただきました。

 

今日の記事も、ブラッディマリーのコレクターさんに楽しんでいただければ幸いです。

シルバーアクセサリが大好きな、みゆきでした!

あわせてお読みください

スポンサーリンク