スポンサーリンク

ヤフオクを見ていたら、またまたレアな商品が。
なんとK18ホワイトゴールドのジュエリーラインに位置する、朱雀のペンダント、しかもカスタム品です。

 

朱雀ペンダントK18WG ヤフオク情報

朱雀ペンダント

朱雀ペンダント

朱雀ペンダント

朱雀ペンダント

朱雀ペンダント

※上記画像5枚いずれも https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c598266034

 

2017.05.04 21:16 時点の情報です。

  • Bloody Mary/ブラッディマリー KAI/カイ 四神ペンダントトップ K18WG
  • 開始:2017.05.02(火)19:04
  • 終了:2017.05.06(土)23:27
  • 入札:7件
  • 現在価格:20,500円(税込 22,140 円)
  • 中古品

 

朱雀ペンダントK18WG 商品情報

朱雀ペンダントといえば、四神をモチーフにしたアクセサリー。
このブログでも、以下の記事は結構読まれているので、興味あるコレクターさんも多いのかなと推測します。

四神(青龍・白虎・朱雀・玄武)のシルバーアクセサリー(2017年2月3日公開)

 

「朱雀」という名前でイメージできると思いますが、オリジナルの朱雀のペンダントはがテーマカラーでした。
こちらが、シルバータイプのオリジナルの朱雀ペンダントです。


※ http://item.rakuten.co.jp/beyondcool/

 

赤のイメージなので、使っている石はすべてガーネットです。

それをあえて、燃えるような赤の反対のイメージである冷たい青でカスタムするというのが、なかなかに大胆!!

 

しかも、今回のヤフオク出品商品には、K18WGの刻印がありますね。

 

ブラッディマリーには、通常のシルバーアクセサリーのほかに、ジュエリーラインがあります。
18金(ゴールド)やプラチナという素材を使った、ハイエンドなコレクションです。

ブライダル(婚約指輪・結婚指輪)のイメージが強いですが、実はジュエリーラインには「ミニアチュール」というシリーズがあります。

ミニアチュール」とは「miniature」、わかりやすい言葉なら「ミニチュア」でしょうか。
言葉を選ぶなら「縮小盤」といえばいいのでしょうか?

 

通常のシルバーアクセサリを少し小さめにして、ハイエンドな素材で作ったものが「ミニアチュール」になります。
原宿店や心斎橋店には、18金のミニアチュールが常時展示販売されていますので、機会があればぜひお店で見てください。

今回の朱雀ペンダントは「K18WG」の刻印が入っていますが、これは18金ホワイトゴールドのことです。

 

それをふまえて個人的に残念に思うのが、この販売商品には「ギャランティ」や「宝石鑑別書」が付属していないことです。

 

たとえば、こちらの商品を見てください。


※https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/o182409895

 

これはブラッディマリーのフェイト(Fate)というペンダント。
2012年のARKADIA(アルカディア)のコレクションのひとつです。


※http://item.rakuten.co.jp/e-rin/bmr1125/

スポンサーリンク

 

さきほどのフェイトの現物商品写真には、通常のギャランティのほかに、「宝石鑑別書」という書類がついています。
ジュエリー素材のアクセサリーには、こういった「宝石鑑別書」が付属してきます。

※どういう条件のもとで付属するのかといった明確な基準はよくわからないので、それは購入される際にお店でおたずねください。

今回注目した朱雀のK18WGペンダントも、ミニアチュールであればおそらく「宝石鑑別書」がついていたのではないかという気がするのです。
中央の石も、たとえばサファイアのような、かなり高級な石のようにお見受けしましたので。

 

それがあれば、と思っているコレクターさんもいらっしゃるのかなーって気がします。

 

※追記 2017.05.06

商品詳細ページを見ると、サイズがカン含めず19mmとなっています。
これはおそらく「ミニアチュール」ではなく、シルバーアクセサリーと同じサイズ(実寸大というのかな?)のジュエリーですね。
そうなると、直営店で購入されたファーストオーナー様は、非常に高価なお買い物をされたのではと推測します。
色もアイスゴールド(ホワイトゴールドのことです)ですし、中央のストーンもかなり大きいですから。
ギャランティや宝石鑑別書などがすべてそろっていれば、中古といっても相当な高値になっても不思議じゃないアイテムです…いったいどこまで高値になるのか気になります。


※https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c598266034

 

ということで、本日は「ブラッディマリーの朱雀ペンダントK18WGをヤフオクで発見」という記事を書かせていただきました。
今日の記事も、ブラッディマリーのコレクターさんに楽しんでいただければ幸いです。

シルバーアクセサリが大好きな、みゆきでした!

あわせてお読みください

スポンサーリンク