スポンサーリンク

みなさまこんにちは。
ブラッディマリーのシルバーアクセを愛してやまないコレクターのひとり、みゆきです。

先日「ブルーリープフィン」についてのとんでもない情報をいただきましたので、あえて記事を書きます。

 

ブルーリープフィンとは?

ブルーリープフィンとは、ブラッディマリーのシルバーアクセサリーのリングの名称のひとつです。
まずは、当方にて撮影した、お写真を掲載しておきますね。

ブラッディマリー ブルーリープフィン リング

ブラッディマリー ブルーリープフィン リング

ブラッディマリー ブルーリープフィン リング

ブラッディマリー ブルーリープフィン リング

ブラッディマリー ブルーリープフィン リング

 

そしてこのリングの正式な商品名は

ブラッディマリー ブルーリープフィン リング
Bloody Mary Blue Leap Fin Ring

直訳すれば「青の(Blue)跳躍する(Leap)ひれ(Ring)」
こういった意味を込めた指輪になります。

歴代の人気あるリングの中でも、かなり希少価値の高いリングになりますが、その理由はまたのちほど。

 

ブルーリープフィンはMermaidという誤解

ヤフーオークションなどで見ていると、ブルーリープフィンはMermaid(マーメイド)のコレクションに位置すると書かれています。
わたくしも、青い天然石(ブルーダイヤモンド)がついた、ヒレのデザインということで、Mermaidと書かれた記事を100パーセント信じておりました。

ところがです。

ブルーリープフィンリング、実は…
Mermaid/マーメイドではなかった!

ああ、もうとにかくびっくりです!!

ブルーリープフィンリングの正しいコレクション名は
Midnight/ミッドナイトなのです!!

間違えやすいですよね、うん。

でも、ナイトレイブンやロータスヘッドと同じ
Midnight Collection だったのです。

 

ブルーリープフィンはサマフェス限定という誤解

やはり青い尾ひれのイメージから、サマーフェスティバル(サマフェス)限定のイメージが強いこのリング。
実際にヤフオクでも「サマフェス限定」として出品されていたのを見ることもありました。

ですが、これもまた真実ではなかったのです。

ブルーリープフィンリングは、サマフェスではなく
ブラッディマリー初の「期間限定商品」として生まれた記念すべきリングだったのです。

※クリスマスなどの期間限定は除いて

つまり、単に受注期間を限定した商品ということで、何かのイベントに絡んだものではなかったのだそう。

しかも、ブルーリープフィンがリリースされた年は、まだサマーフェスティバルというイベントそのものがなかったのだそうです。

 

ほんと、びっくりですよね(汗)

 

貴重な情報の提供元は確実なのか?

またまたこちらのふたつの情報がデマか何かじゃないの?
なんて思われないように、出所元を書いておきます。

ブラッディマリー路面店のK店長さんから聞いた貴重なお話です!!
なので、こちらの情報に間違いはありません。

 

ブルーリープフィンの情報まとめ

最後にもう一回まとめておきます。

スポンサーリンク
  • ブルーリープフィンリングは、MermaidではなくMidnightコレクション
  • ブルーリープフィンリングはサマフェス(サマーフェスティバル)限定商品ではなく、期間限定商品

店長さん、大変に貴重な情報をいただき、ありがとうございました。
またお礼もかねて、お店にお伺いします<(_ _*)>

 

ということでこちらの記事では「ブラッディマリーのブルーリープフィンリング」について書かせていただきました。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

シルバーアクセ大好き「みゆき」でした♪

 

 

 

 

 

あわせてお読みください

スポンサーリンク