スポンサーリンク

Bloody Maryのシルバーアクセサリー情報ブログにようこそ。
管理人をしている「みゆき」と申します。

こちらでは「ブラッディマリー 化け猫 リング」を、個人コレクションの中より、現物写真をまじえつつご紹介いたします。

 

化け猫 リング 商品情報

商品名:ブラッディマリー 化け猫 リング カスタム仕様 Bloody Mary Bakeneko Ring Custom Order

発売年:2016年

コレクション:KAI ??

その他特記事項:2016年4月29日から2016年5月8日まで開催された「Re:Black Face – Black Custom Fair -」の期間限定カスタムオーダー品

※ 不明な情報につきましては、後日更新してまいります

 

化け猫 リング 写真集

こちらの記事内で掲載している写真は、すべて個人が撮影したものです(特記あるものを除く)。
ブラッディマリー 化け猫 リング カスタム

ブラッディマリー 化け猫 リング カスタム

ブラッディマリー 化け猫 リング カスタム

ブラッディマリー 化け猫 リング カスタム

ブラッディマリー 化け猫 リング カスタム

ブラッディマリー 化け猫 リング カスタム

ブラッディマリー 化け猫 リング カスタム

化け猫リングの思い出

こちらの化け猫リングは、通常のKAIの化け猫リングとは違います!
2016年に「ゴールデンウィークフェア」として開催された期間限定イベントでのみ、発注が可能だったカスタムアクセサリーです。


※ http://www.bloody-mary.jp/

 

ゴールデンウィークフェアは、以下の媒体にも掲載されています。

  • ブラッディマリーオフィシャルサイト(http://www.bloody-mary.jp/)
  • ブラッディマリーの公式ブログ(http://ameblo.jp/bloody-mary-official/)

 

オフィシャルサイトから、ゴールデンウィークフェア「Re:Black Face ~ Black Custom Fair ~」に関する説明を転載いたします。

 

Re:Black Face ~ Black Custom Fair ~

何にも染まることなく侵されることもない「Black – 黒 -」
日差しが強くなり影が濃く映りだすこの季節。
「黒」をテーマに期間限定フェアを開催致します。
期間中のみご購入頂けるカスタムブラックアイテム、これからの季節にぴったりな
限定アンクレット、いつもとは一味違うカスタムアイテムが揃います。
また、お客様の声にお応えして待望の復刻アイテムを再リリース致します。
ご来店を心よりお待ちしております。

| 開催期間 |
4/29(FRI)~5/8(SUN)

| 開催店舗 |
Bloody Mary 原宿店
Bloody Mary 心斎橋店

※ http://www.bloody-mary.jp/

 

このイベント開催にあたって、ご案内の葉書をお店からもいただきました。
いったいどんな商品なんだろうってワクワクしていると、その後公式ブログに商品写真などの情報がアップされておりました。

 

2016年4月29日の公式ブログの記事より、以下のお写真を転載させていただきます。

ブラッディマリー化け猫リングRe:BlackFace
※ http://ameblo.jp/bloody-mary-official/

 

ブラッディマリー化け猫リングRe:BlackFace
※ http://ameblo.jp/bloody-mary-official/

 

これを彼氏さんと見た瞬間、お互いがヤバイヤバイの連呼でした(笑)

まちがいなくこれは諭吉さんが飛んでいくパターン!
という確信が持てまして…w

結果、諭吉さんがたくさん飛んでいきました。

 

このカスタムアクセは、間違いなくおそろいで買ってよかったと思ってます!

スポンサーリンク

石をいろんな色にカスタムできるのですが、今回のアレンジの場合は追加コストはありませんでした。
しかも店長さんにご相談をしたところ、指輪の裏側に彼と私のイニシャルを刻印可能とのことで、オプションつけていただきました。

ここでイニシャルの刻印までお見せするのは恥ずかしいので、刻印部分はあえて写真におさめておりません。

通常のKAIの化け猫リングに、黒色メッキである「ルテニウムコーティング」を施したものが今回のブラック仕様です。

ルテニウムコーティングは、使用していくうちに少しずつ剥げて地の色が露出してきて、とっても味のある風合いに変わっていくのが特徴的ですね。
特にカバンなどを持つ手のひら側(指の腹の側)は、その色の変化がよく目立つのですが、生活環境によって取れ方も当然変わります。

たとえば下の写真は、向かって右側が彼の指輪、左側がわたしの指輪の現物写真です。

ブラッディマリー 化け猫 リング カスタム

 

ルテニウムコーティングを施したあとに、あえてわざとそのコーティングを剥ぎ、風合いを出すという荒業もあるのだとか。
さすがにこれは、難易度の高い奥の深い楽しみ方だなと個人的に思いました。

 

彼とゴールデンウィーク期間中に一緒に原宿店に行って注文をしまして。
ルテニウムコーティングは通常のオーダーよりも時間がかかるということで約2か月待って、やっと完成した大切な指輪たちです。

 

そういえば先日も「たとえ年をとっても、シルバーアクセを愛するふたりでいようね」って話をしてました。
ふたりずっと仲良しで、おじいちゃんとおばあちゃんになってもシルバーアクセをつけていたい。

この指輪は、ずっとずっと大切にします。

そんな思い出がたくさんつまった、化け猫リングでした♪

 

さて本日もお読みいただきありがとうございました。
他の記事も、心ゆくまで楽しんでいただければとても嬉しいです。

 

シルバーアクセ大好き「みゆき」でした♪

あわせてお読みください

スポンサーリンク