スポンサーリンク

Bloody Maryのシルバーアクセサリー情報ブログにようこそ。
管理人をしている「みゆき」と申します。

こちらでは「ブラッディマリー バトル リング」を、個人コレクションの中より、現物写真をまじえつつご紹介いたします。

 

バトル リング 商品情報

商品名:ブラッディマリー バトル リング 戦闘 Bloody Mary Battle Ring

発売年:-

コレクション:Primitive ADAM

その他特記事項:-

※ 不明な情報につきましては、後日更新してまいります

 

バトル リング 写真集

こちらの記事内で掲載している写真は、すべて個人が撮影したものです(特記あるものを除く)。

 

向かって右がダストカラー仕様、左が通常の加工なしのバトルリングです。

ブラッディマリー バトル リング

ブラッディマリー バトル リング

ブラッディマリー バトル リング

ブラッディマリー バトル リング

バトルリングの思い出

今回の写真、同じバトルリングですが2種類あります。
全体的にグレーな色になっているリングが「ダストカラー」という、いぶし加工を施したバトルリングです。
そして白っぽいのが、いぶし加工なしのバトルリング

バトルリングは、私にとって非常に深い思い出があります。

みゆきは過去に、ながらく会社員をしておりました。
長年勤めた会社を退職する際に

自分はこれから常に気合を入れて、どんな苦難も戦って、乗り越え勝利を勝ち取る

そんな願いを込めて、このリングを購入しました。
バトルという名前のとおり、野生の鳥たちの戦いをイメージしたリングなのです。
ブランドコンセプトが、まさしくストライクゾーンにハマったわけで。

 

そして数年後。

みゆきは、現在の彼氏さんと出会ったのですが…
なんとその彼氏さんが、驚くことに

生粋のブラッディマリーコレクター

という偶然で。
その彼氏さんも、バトルリングを長らく愛用されていました。

いきなり、バトルリングがペアリングと化してしまいました。

 

びっくりですよね?笑

 

ということで、今回撮影したプライベートコレクションは

  • 加工なしのバトルリングは、彼のコレクション
  • ダストカラーのバトルリングは私のコレクション

ふたりで一緒にいるときに、撮影させてもらいました。

使い込むと、ダストカラーも部分的にツヤがでてきてオンリーワンの輝きがでてきます。

ボリュームのあるデザインですが、流れるような曲線が美麗で、イメージよりも意外といかつくないです。
バトルという単語からイメージすると、むちゃくちゃハードですけどね(笑)

 

本日もお読みいただきありがとうございました。
他の記事も、心ゆくまで楽しんでいただければとても嬉しいです。

スポンサーリンク

シルバーアクセ大好き「みゆき」でした♪

あわせてお読みください

スポンサーリンク