スポンサーリンク

お正月から1ヶ月間のみ、BloodyMaryで限定販売されるアクセサリーのひとつがコチラ。
干支チャーム

基本は「その年の元旦以降の営業日から約1ヶ月間」の限定発売。
前年末の数日間も発売されていたこともあったようですが、だとしても数日間です。

年初の縁起物という意味も込め、ブラッディーマリーの世界観を生かしつつ大切に1点1点製作されている、小さなチャームたち。身につけているとその年の幸運を呼び寄せてくれそうな気がするし、小さなお守りのように大切にしたくなるようなアクセサリーです。

期間限定商品ゆえに、発売当時のごくわずかな商品情報をかき集めて、こちらのページを製作いたしました。
すべての干支で、それなりにワタシ苦労してます(笑)
ですがブラッディマリーのコレクターの皆様に、この情報を楽しんでいただければ幸いです。

干支チャーム 猩猩(しょうじょう)の画像集

2016年申年サル年)、干支チャームの名前は【猩猩しょうじょう)】です。

まだ1年前の商品ということで、比較的多くの情報が残っていました。
めいっぱい楽しんでくださいね!!


※ http://ameblo.jp/bloody-mary-official/

 

猩猩(しょうじょう)のチャームは、素材ごとに3パターン展開で発売されました。

18金緋銅タイプ、価格は79,920円(税込)


※ http://ameblo.jp/bloody-mary-official/

 

シルバー緋銅タイプ、価格は46,440円(税込)


※ http://ameblo.jp/bloody-mary-official/

 

シルバータイプ、価格は19,440円(税込)


※ http://ameblo.jp/bloody-mary-official/

 

18金&緋銅タイプは、別アングルからの写真もありました♪ 非常に細かく作られた指先、そして手の甲のお花にも注目ですね!


※ https://item.iqon.jp/


※ https://item.iqon.jp/


※ https://item.iqon.jp/


※ https://item.iqon.jp/


※ https://item.iqon.jp/

猩猩(しょうじょう)とは

ブラッディマリーの世界観は、この奥深さがまた魅力的なんですけど…猩猩しょうじょう)って、なに?
今回も例外なく、猩猩について私は全く知りませんでした(涙)

ということでネットで猩猩の正体について調べてみました。

 

まずは、BloodyMary公式サイトの情報を引用しながら、ご説明します。

 

猩猩しょうじょう)とは、中国の伝説上の存在。
真っ赤な猿のような風貌で人の顔と足を持ち、人の言葉を理解し、酒を好むといわれています。
能の演目に「猩猩」があり、海から上がった猩猩が酒を呑んで舞い踊る場面があり、それが今回の干支コレクションのイメージの源になっています。
赤い身体を緋銅で、持つ杯の中のお酒をダイヤで表現。

 

緋銅とは、日本の伝統技法を用いた銅の加工方法のひとつ。磨いた純銅を限界まで熱し、職人が見極めたタイミングで急速に冷やすことで、特殊な緋色の皮膜を定着させるという非常に難しい技法。
塗料などを使用せず、銅本来の自然な美しい発色が、緋銅製品の魅力です。

スポンサーリンク

猩猩の干支チャームは、すでに写真で紹介しているとおり、3種類展開でした。

  • 18金(K18)&緋銅タイプ、79,920円
  • シルバー&緋銅タイプ、46,440円
  • シルバータイプ、19,440円

赤い手足に赤い顔。人語を解して海に棲む。酒を好みて月夜に踊る。
この風情のある趣、非常に愛らしい魅力をたたえるチャームです。

※上記5枚の画像はすべて http://bloody-mary.jp/ より

 

せっかくですので、能の演目「猩猩猩々)」のあらすじを、ウィキペディアより引用してきました。

むかし、潯陽江(揚子江)の傍らにある金山に、親孝行者の高風(こうふう)(ワキ)という男が住んでいた。高風は市場で酒を売れば多くの富を得るだろうという、神妙な夢を見てお告げに従い市場で酒を売り始める。
酒売りは順調に進んだが、毎日高風の店に買いに来る客の中に、いくら飲んでも顔色が変わらず、酒に酔う様子がない者がいた。不思議に思った高風が名前を尋ねると、自分は猩々と言う海中に住む者だと答えて立ち去る(中入り)。
そこで高風は美しい月夜の晩、川辺で酒を用意し猩々を待っていると、水中の波間より猩々が現れる(後シテ)。共に酒を酌み交わし、舞を舞い踊り(中之舞、又は猩々乱(みだれ))、やがて猩々は高風の徳を褒め、泉のように尽きる事のない酒壷を与えて帰ってゆくのであった。
※ https://ja.wikipedia.org/

酒に酔わない「猩々」と共に酒を酌み交わし、舞を舞い踊り、最後には尽きることのない酒壷という宝を与えてくれたというストーリーが、大いなる富を表現していて、話を聞くだけでもワクワクします。

今回のチャームでは、杯に注がれた尽きることのない酒を、一粒のダイヤモンドで表現されているのも、グッときます。

 

では最後に、猩猩猩々)のイメージ画像を1枚だけ、掲載しておきますね。

※http://youkaitama.seesaa.net/

楽しそう。っていうか本当に真っ赤ですねw

 

 

ということで、今回の記事もお役に立てましたでしょうか?

現在「干支チャーム(ペンダント)」は、フリマアプリやヤフオクなどでも、見かけたらラッキーっていうレベルの入手困難アイテムになっています。
猩猩だけではなく、全ての過去の干支チャームに共通して言えることですが、希少価値がかなり上がってます。

自身の生まれ年の干支など、何かしら思い入れのある干支のチャームともし運よく出会えたら。
もしかすると、あなたに幸運を呼んでくれるかもしれません♪♪♪

そんなチャンスが到来したら、絶対に逃さないでくださいねっ!

あわせてお読みください

スポンサーリンク