スポンサーリンク

お正月から、わずか1ヶ月間のみ限定販売されるアクセサリーのひとつ。
それが干支チャーム

年によっては、前年末の数日間も発売されていたようですが、あくまで基本は「その年の元旦以降の営業日から約1ヶ月間」の限定発売。

年初の縁起物という意味も込めて、ブラッディマリーの世界観を生かしつつ製作される、小さなチャームたち。それは身につけていると、まるでその年の福を呼び寄せてくれそうな気がするし、小さなお守りのように大切にしたくなるようなアクセサリーです。

期間限定商品は、発売当時の商品情報を紐解くために残っている情報を探すにも少なく、わずかな情報をかき集めてこちらのページを製作いたしました。結構、苦労してます(笑)
ブラッディマリーのコレクターの皆様に楽しんでいただければ幸いです。

干支チャーム 蛟(みずち)の画像集

シルバータイプとジュエリータイプの展開だったようです。

まずは、シルバータイプの商品画像から。
ウロコといい水しぶきといい・・・BMの躍動感あるデザインそしてそれを引き立てる彫金の繊細さがたまりませんねぇ・・・。

2013干支チャーム 蛟(ミズチ) SILVER w/ブルーダイヤモンド
価格は、18,900円だったようですよ。


※ http://auctions.yahoo.co.jp/

 


※ http://www.mono-chro.jp/

 

そしてコチラは、18金イエローゴールドにブルーダイヤモンドをあしらったジュエリータイプ。
2013干支チャーム 蛟(ミズチ) K18 w/ブルーダイヤモンド
価格は、35,700円だったようです。

※ http://www.mono-chro.jp/

 

さらには18金アイスゴールド(K18ig)に、ブルーダイヤモンドをあしらったジュエリータイプもありました。
2013干支チャーム 蛟(ミズチ) K18ig w/ブルーダイヤモンド
価格は、45,150円とややお高めだったようです。


※ http://www.mono-chro.jp/

 

蛟(みずち)とは

ところでみずち)って、なに?
そう思われたかたも少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

ちなみに、私は全く知りませんでした(汗)

ネットでの正体を調べてみました。

2013年巳年ヘビ年)に選ばれたモチーフのみずち)。
聞きなれない存在の蛟について、まずはウィキペディアの情報を参考にして説明させていただきます。

中国の竜である蛟竜などにあてられた日本語名が「みずち」である。ただ「蛟」ひとつをとっても、有角であるか無角であるかなど描写が交錯して説かれるので、「みずち」はかくかくいう竜である、とそう単純明快に定義することはできない。
※ Wikipedia

そんなウィキペディアの説明を読んでも、正直なところよく分からないというのが私の感想でして(涙)
なので、さらに調べてみましたところ、weblioに、このようなわかりやすい説明がありました。

古代人が恐れた想像上の動物。水中にすみ、蛇に似た形をし、角・四肢をもち、毒気を吐いて人を害するという、一種の竜。古くは「みつち」で、「み」は水、「つ」は格助詞、「ち」は霊。つまり水霊・水神の意。
※ http://www.weblio.jp/

簡単に言うと、に似た形をしたであり水神!!
そんなニュアンスで捉えれば、ほぼほぼ間違いないでしょう。

スポンサーリンク

ざっくりですね、ざっくり。

 

さらに、参考イメージを見たいですよね?
ということで、蛟のイメージ画像をいろいろな画風で探してきました。


※ http://xuqianfeng1117.lofter.com/

 


※ http://www.baike.com/

 


※ http://seesaawiki.jp/mnga_bahamut/

一番下の画像(3枚目)ですが、あの有名なアプリゲーム「神撃のバハムート」にが登場してました。
これらを見る限りでは、やはり龍(竜)のイメージに近いですねー!!

 

ということで、説明はお役に立てましたでしょうか?

現在「干支チャーム(ペンダント)」は、フリマアプリやヤフオクなどでも、見かけたらラッキーっていうレベルの入手困難アイテムになっています。
のみならず、全ての過去の干支チャームに共通して言えることですが、希少価値が上がってます。

自身の生まれ年の干支など、何かしら思い入れのある干支のチャームと出会えたら・・・

もしかすると、あなたに幸運を呼んでくれるかもしれません♪♪♪
そんなチャンスを、絶対に逃さないでくださいねっ!

あわせてお読みください

スポンサーリンク